延滞をするとどうなる?

延滞をするとどうなる?

消費者金融やクレジットカードの支払いを延滞すると、すべての記録が信用情報機関に登録されるため、利用している金融業者はもちろん、他社の金融業者からも評価が悪くなってしまい、増額や新規申込みなどの審査が厳しくなってしまいます。

 

延滞を繰り返すと、利用限度額を減額されたり、借入ができないようにされることもあります。

 

数日の延滞ならまだいいのですが、数カ月の延滞となるとかなり印象が悪くなってしまいます。
3カ月以上の延滞をすると、事故情報として登録され、ブラックリスト者となります。ブラックリストになってしまうと、5年間は記録が残り、5年間は自動車ローンや住宅ローン・クレジットカード・キャッシングカードなど、すべてのローンが組めなくなります。

 

延滞をすると確実に評価が悪くなってしまうので、返済期日は厳守するように心がけましょう。